高齢・障害者の福祉介護DVD専門|ピース・クリエイト|業務内容

 業務内容
ホーム > 業務内容

ピース・クリエイトロゴマーク

映像制作事業

劇場用映画の企画・製作
福祉教材ビデオの企画・製作
社会教育映画・ビデオ・DVD等の企画・製作
学校教育教材映画・ビデオ・DVD等の企画・製作
広報・VP等の映画・ビデオ制作の受注
社員研修用VTR等の企画・制作
テレビ番組の企画・制作
DVD、CD −ROM等デジタルコンテンツの企画・制作


 映像配給・販売事業

福祉教材ビデオの販売
社会教育映像の販売
学校教育映像の販売 

  「風の舞〜闇を拓く光の詩〜」
    監督・スタッフの舞台あいさつ・講演
  「風の舞〜闇を拓く光の詩〜」のパネル写真の貸し出し

  「無名の人〜石井筆子の生涯〜」
    監督・スタッフの舞台あいさつ・講演


  「あした天気になる?〜発達障がいのある人たちの生活記録〜」
    監督・スタッフの舞台あいさつ・講演

「世界一すてきな僕たち私たちへ 響あい 育ちあう 発達の芽」
    監督・スタッフの舞台あいさつ・講演



代表取締役・監督 上村(宮崎)信恵 略歴
  
   プロデューサー・監督: (社)日本映画監督協会会員

  1942年、東京生れ。
  1968年、東映株式会社教育映画部にて編集の助手となり、その後、
  フリーのスクリプターとして教育映画、劇場用映画、テレビ映画の作品に
  従事する。

  1976年、学習研究社企画・製作の短編教育映画「愛の架け橋」で
  監督としてスタートする。
  1982年より東京シネ・ビデオをホームグランドに福祉、国際協力、
  ボランティア等をテーマとした作品を監督する。
  その後、同社の取締役となって経営に参加、上記のテーマに加え、
  従来より関心のあった女性の自立と男女共同参画社会づくり、
  高齢者や障害者の保健福祉、介護関係など、人間の生活に視点を
  宛てた作品を数多く企画・プロデュース・監督する。

  なかでも、ドキュメントを主流とした介護関係の作品は、
  質の高い、真に役に立つ教材として高い定評を得ている。
 
  2003年3月、企画・プロデュース・監督作品、映画「風の舞」完成。

  2004年3月、東京シネ・ビデオ退社。
  同年7月、新会社、ピース・クリエイトを設立する。

  2006年5月 監督作品2作目の映画
   「無名の人〜石井筆子の生涯〜」完成


  2009年1月
   「あした天気になる?発達しょうがいのある人たちの生活記録」
   完成。

  2013年3月 監督作品4作目の映画
   「世界一すてきな僕たち私たちへ 響きあい育ちあう発達の芽」
   完成。

   2013年12月 仲間と学ぶ 福祉型専攻科 カレッジ福岡 完成

   2015年 監督作品5作目の映画 
      「あい-精神障害と向きあって-」完成
                              


ページ上へ